風俗嬢があこがれ
 >  > サラリーマンにとっての風俗の存在

サラリーマンにとっての風俗の存在

デリヘルで働いているとサラリーマンの愚痴を聞くことが多いのですが、風俗嬢の仕事って本当に彼らにとっては大切なんだなと思いました。男の人を癒すことを生きがいにすることなんて考えたことはなかったのですが、今では高収入が目的というよりも、より1人でも多くの人を癒してあげたいという気持ちになりました。昔は少しでも給料がいい求人がないかと毎日チェックしていたのですが、最近はそういうこともしなくなってしまいました。とりあえずはニュースを読むようになって、サラリーマンの人の話題についていけるように努力しています。そういうちょっとした親切みたいなものが感謝されるし、癒しにつながるようなので、頑張っていきたいと思っています。色々と面白いですね。男の人の気持ちを理解してあげるということをあまり考えないで生きてきたのですごく勉強になっています。デリヘル嬢は臨機応変に生きていかなければいけません。それが売れる秘訣なのでしょう。

[ 2015-12-28 ]

カテゴリ: デリヘル求人体験談

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ